‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

水害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

2019/10/18

台風19号は多大な被害をもたらし、多くの方々が苦しまれている事を本当に悲しく思い、心よりお見舞い申し上げます。
そして武雄地区の災害に遭われた方々の復興もまだまだだと思います。心よりお見舞い申し上げます。
うちにははいくらか、差し上げられる品物が有ります。
これから寒くなりますので、暖房器具が必要になると思います。
それで、今、うちに綺麗なファンヒーターが有ります。必要な方はお電話くださいませ。

「お昼ご飯を一緒に食べましょう」と。

2019/09/13

ある一人暮らしの高齢のご婦人から「お昼ご飯を一緒に食べましょう」と連絡がありご一緒しました。その方は「あのね、誰にも彼にも頼みたくないの」と年金事務所からの封筒を見せて「よく見えないから、何て書いてあるの?」と。見ると、必要事項をハガキに記入して投函すると次回の年金額に上乗せされる、出さないと上乗せされないという大事なものでした。説明すると、「年金事務所に連れて行って下さい」と言われご一緒しました。
行くと、丁寧に説明を受け、ご本人が署名して切手を貼り期限内に投函しなければならないというものでした。
切手を貼り、郵便局にお連れしご本人が投函され納得されました。「貴方に頼んで良かったー!」と大変喜ばれました!

片付けの依頼

2019/09/13

この前、本当に久しぶりにある方からお片付けの依頼がありました。一番安い方法を説明していたら、「もう、そんなのより渕さんに、お願いしたいのです。他の人に入ってもらいたくないので来てください」との事でした。
行くと二階のベランダにボロボロになったベッドのマットレスがあり、部屋を通って出すことは困難だと思い、ロープで縛ってベランダから外に出して、スッキリとなり、喜ばれました!

明けましておめでとうございます。

2019/01/03

お陰様で便利屋を始めて12年目に入りました。
今年も「抜苦与楽」の精神で努めます。
年末年始とまたがって、旅行に来られている方の身体介護をさせていただきました。その方がふと仰った言葉が刺さっています。
「訪問介護が無くなったら町が消えていくのですよ」と。
まさにその通りだと思います。
私は以前、訪問介護の仕事をしている中で、訪問介護だけでは人は生きて行けないという危惧を感じ、介護保険に縛られず自費で生活全体のケアを出来る仕組みを作りたいと思い起業しました。
大した事はしていないつもりですが、それだけでお客様は安心して暮らしていっておられます。
そして仰います。「私が死ぬまできてちょうだいね」と。
その言葉の何と有難いことか! 勿体無いとさえ思います。
こうした訪問のケアの仕組みが無くなった時、その家は空き家となりそれが増えていったら町が無くなるのですね。
うちも一時的に介護保険での訪問介護をしておりましたが、運営が厳しく止めました。昨今相次いで訪問介護事業所が閉鎖されているのを見て、やはり運営が厳しいのだな、と思わされます。

今年の思い出 その2

2018/12/26

今までで一番嬉しかった事。
数年前、本州の方からご依頼で地元の方と折衝をして問題を解決した事がありました。
ハラハラドキドキの仕事で、神様仏様と言いたいくらいでした。でも、相手の方の真心を信じて、心を込めてさせていただき、円満に解決しました。
私は報酬もいただき、殆ど忘れていたのですが、ひょっこり電話があり、「是非お会いしてお礼を言いたいので、今度家族で嬉野に行きます。いっしょに食事をしましょう」との事でした。
佐賀にいて、食べたことのないような佐賀牛の豪華なメニューをいただき、又ご家族全員が歌が上手くて、私も歌が大好きなのでカラオケで盛り上がりました。
「 翌日は志田焼きの里」の秋祭りで出店していた所に立ち寄って下さるなどとても素敵な時間を過ごさせていただきました。
本当に人生って捨てたものじゃないと思います。

今年の思い出 その1

2018/12/26

今年の仕事で印象的な事は、奥さんと息子さんを相次いで無くし、一人になられた高齢の方とご縁があった事です。「片付けに来て」と言われて行ったら、倒れる寸前で、急遽入院のお手伝いをし、その後入院中のお世話、片付け、飼い猫のお世話と、彼らを娘さんの所に飛行機で送るお世話、ご家族の納骨のお世話、遺産相続のお手伝い、娘さんの所に行かれるまでのお世話と激動の半年でした。お役に立てて良かったと思っています。

11年間の思い出

2018/12/26

今年も間も無く終わりです。
便利屋を始めて、11年を過ぎました。
皆様のお陰です。
嬉しい事は「私が生きている間は元気でいて下さいね」と何人からも言われることがです。
そんな時「あー、私はこの方と人生を共にするよう御縁があったんだなあ。生まれてきてよかった」と思わされます。

新年のごあいさつ

2017/01/01

あけましておめでとうございます。大晦日から京都へ、車椅子の方の旅行の付き添いできています。

蜂の駆除

2016/12/21

天井裏にスズメ蜂の巣があるので撤去して欲しいとの依頼です。電気工事屋さんが、巣は空っぽだと言われたそうで安心して登りました。何しろ暗い天井裏、懐中電灯の明かりだけが頼りです。その時、社長が「アッ」と叫びました。なんとその裏にもう一つ生きた蜂の巣があり、刺されたのです。その場は何とか我慢して2つの蜂の巣を撤去しました。12月に生きている蜂は女王蜂かもしれません。

引っ越し後の片付け

2016/12/06

事情があり、お引っ越し後長い期間を経てからの片付けをさせていただきました。不用品の分別から始めましたが、大変だったのは電源が切られて中身の入った冷蔵庫の片付けでした。食品は黒くなっていて…後はご想像にお任せです。でもそれを拭いて片付けたらスカッとしました。